« 私の旅行変遷 | Main | 珊瑚と貝でできた家 »

December 18, 2004

モルディブ現地人の島へ

「漁民の島」と呼ばれているモルディブ現地人の島にエクスカーションで訪れました。

130-3065_IMG

基本的にモルディブは現地人が住む島とリゾートの島は全然別です。首都マーレ以外、現地の人が生活する場には、観光客は行ってはいけないことになっています。でも、
お土産を売ってたりするのでモルディブの人達の大切な観光収入だったりするんでしょうね。けっこうエクスカーションに「漁民の島」が含まれている場合って多かったりします。

去年も「漁民の島」がエクスカーションに組み込まれてて行ったのですが、ただお土産やさんによるだけで実はあまりおもしろくありませんでした。
でも、今年は「漁民の島」内の小学校や、珊瑚や貝で出来た家や壁、モルディブ人の人たちの生活の一部を見ることができました。なんだかすごく新鮮でよかったです。

130-3066_IMG

漁民の島からの海。ビーチには木の根っこがはびこってたり、ココナッツや葉っぱなど色んなものが落ちてて、特に整備されてるわけもない本当にナチュラルな状態。ぱっと見た目はやっぱりリゾートと見比べると見劣りするかんじ。でも、やっぱりモルディブの光り輝く海に囲まれている島なのです。珊瑚にかこまれてたり、遠くには蒼いエメラルドグリーンの海が見えます。そして、モルディブ人の子供達はボートで海で素潜りしたり、魚をとったりしてるんです。まるで絵葉書にできそうな素敵な風景でした。

リゾートでは「楽園」というイメージが強かったけど、漁民の島では「楽園」の海と「生活」が入り混じっていて、またそれは不思議な気分になったものでした。単なる楽園だけの場所だけじゃないんですよね。自分が日本で感じる現実感が漁民の島にもあるんだなぁと思いました。当然のことだけど、モルディブの特にリゾートや水上コテージでのんびりしてると、夢のような気持ちになって忘れちゃうんですよね(^^;モルディブだって現実の生活があるってことを。漁民の島はモルディブに行ったら、一度は訪れてこの「楽園」と「現実さ」の混ざり合った不思議な感覚を体験してみるのもいいのかもしれません。

130-3078_IMG
漁民の島は「Maafushi(マーフシ)」という名前でした。記念に看板をパシャリ。

|

« 私の旅行変遷 | Main | 珊瑚と貝でできた家 »

Comments

それは貴重な体験ですね!
よくガイドブックとかに「漁民の島へ行くときは服装に気をつけましょう」的なことが書いてありますが、やっぱり本当ですか?
ソネバのバーでおしゃべりしたスタッフはイスラム教信者だったのですが、モルディブは皆そうだったような・・・だからかな、服装うんぬんって(違ってたらゴメンナサイ)?!
リゾートにいる私たちとは別の、そこに生活する人たちの日々とは全く違うものですよね。

ますます地球温暖化が心配になってきました。。。

Posted by: pua | December 18, 2004 at 10:04 AM

漁民の島へのエクスカーション、興味はあるのですが、いまだ行ったことがありません。

モルディブが大好きなのだから、「モルディブの現実」の一部だけでも見てみたいです。ゴミの島や地球温暖化など、つらい現実もあるのでしょうけど、大好きなモルディブを守るために、少しでもできることを、その現実を見てより一層考えることができたら・・・と思います。

でも、単純に、リゾートでは触れ合うことのできないモルディビアンの方と接してみたいという気持ちもあります。リゾートで言葉を交わすことのできる人は、私の行ったリゾートに限りかもしれませんが、モルディビアンはあまりいらっしゃらないので・・・。

Posted by: まる | December 18, 2004 at 10:49 PM

namiさん、こんにちは(^^)
漁民の島へのエクスカーション、とっても興味をそそられます!
namiさんのお話しを聞くまではそうでもなかったのですが、やはり「楽園」である部分と「生活」の部分の両方をみてみたい!という気持ちが強くなりました!
マミィが泊まる予定のリゾートでもそういうツアーをやっているといいなぁ~って思います。

Posted by: マミィ | December 19, 2004 at 08:35 PM

いつの日か沈んでしまうことを考えると
モルディブで生活している人はどうなって
しまうのかな?とふと前に考えたことが
ありました。
私もまるさんと一緒で、現実を見て、自分に
何が出来るか知ることも大事だな~と思います。
もちろん、今でも環境のために気をつけないと
いけないことたくさんありますよね。
モルディブのような自然をずっと大切にしたいですよね。

Posted by: みー | December 20, 2004 at 12:33 AM

ココパームにも漁民の島へ行くエクスカーションがあったのですが・・お天気の関係でいけませんでした (T_T) なので、namiさんのブログでなんとなく行った気分になれました♪

その前の時には行けたのですが、あまりの物価の安さに驚いたのを覚えています。Tシャツが2ドル、パレオが3ドル・・といった感じで、リゾートと殆ど同じ物が売られていました。。
それと・・たくさんの子供達が集まってきて、屈託のない笑顔で「ライター、ライター」って、すごく純粋な目で訴えてくるんです。

リゾートの「楽園」ぶりとのあまりのギャップにショックを受けたんですけど・・そういう一面も見れて良かったなぁって思っています。

Posted by: mon | December 20, 2004 at 11:27 AM

>puaさん
本当ですよ~~!
やはり宗教上の問題で、漁民の島へは露出を控えた格好でと注意されました。
なるべく肩などは隠しつつ・・といったかんじです。
エクスカーションで他の島にいったあとに立ち寄ったので、思いっきり水着に
パレオだったのですが、ちゃんと洋服を着るように促されてしまいました(^^;
そういえば、滞在リゾートでもイスラム教と思われる外国人がいたのですが
海の中までもよくある黒のストール(?)を顔に巻いて海に入っていました!
暑いし、水の中でもすごいですよねぇ!!

温暖化、心配ですよね。。漁村の島もだんだんと海に浸食されてしまったら
と思うとやっぱり心配です。


>まるさん
漁民の島は、生活までじっくり見れて自分的にはよかったと思います♪
ただお土産やさんだとあまりなのですが(^^;
生活の場や、現地人の人がココナッツなどを割ってくれたりなど
色々と深くみることができたと思います。エクスカーションによっては
奥まで見れるので機会があったらぜひ!
でも、やっぱりリゾートとのギャップがかなりあるので少しはショックを
うけたりしました。
そういえば、リゾートって現地の方、実は少ないですよね!
スリランカから出稼ぎの人とかが多かったような気がします。でも多分
テーブル担当だった人がモルディビアンだったような・・。
現地で高級リゾートに勤めることができるモルディビアンはエリートな方だって
言っていました。たしかに語学なども達者だったりしますもんねぇ。
他は漁師や他の国に出稼ぎや、お土産やを営むかなのかなぁ。
まだまだモルディブの世界は奥が深そうです。


>マミィさん
漁民の島、やっぱり生活の部分が多くって「キレイ」だけのモルディブ以外の
側面が見れました!
それだけ、未整備だったり・・というちょっと意外な部分も見ちゃったりするの
ですが・・それもモルディブですもんねぇ~見れてよかったと思います。
リゾートのエクスカーションだとよく組み込まれてますよ~!
でも、お土産やさん巡りをさせるだけのものはオススメできないので要注意です
(^^;

>みーさん
リゾートで優雅な気分になれるのももちろんいいのですが、やっぱり自然を
体全体で感じてモルディブだけでなくて環境の意識などが高まったりすると
いいなぁと思います。
・・・といってもやっぱりリゾート満喫もすごく幸せなのですが(笑)
リゾート滞在だけでも、本当にさりげなく「ゴミ問題」や「水」「資源」に
ついて意識させられることが多かったように思えます!
漁民の島は、正直リゾートと現地の人の生活でここまで貧富の差がでちゃうのか
とショックをうけた部分もありますが、(整備されてるかとか建物の差、ビーチの
差とかでもう色んなところで)これもまた真実だと思います。
観光で成り立っている国ではありますが、リゾートができるせいできっと悪影響も
あるのかもしれないし。なので、気をつけながら滞在したりもしてました。
まぁゆったり時間があるからこそ色々と日々考えられないことも考えちゃうのかも
しれませんね(^^;


>monさん
天候でいけなかったんですかー(;_;)残念でしたね。。
そう、物価、すっごく安いですよね!namiもパレオやら友人へのお土産品を買い
まくりました~そして・・値切りも可能なんですよね(笑)
マーレの空港やリゾートのお土産やさんはやっぱり高いので漁民の島で買い物も
よいですよね~でも、ちょっとホコリがたまってたり、お店の人がすごーく
ぴったりくっついて売り込んでくるのが少し怖かった記憶があります(^^;

monさんも子供たちに囲まれましたか!私もです。
色々と上のコメントでも「ショックだった」と何度かいってるのですが
やっぱり子供たちが「なにかちょうだい」と言って寄ってくるのに少し物悲しさと
モルディブ現地の生活では物が少ないということを身にしみたのもでした。
ある慣れた人はホテルのジャムやバターなどを子供達にあげていました。
本当に嬉しそうにその場でジャムやバターをなめている子供達をみると、なんだか
言いようのない気持ちにもなりました。これもまたモルディブの一部なんですよねぇ。

私もmonさんと同じで、そういう一面も見れてよかったと思います。
やっぱりリゾートの楽園は人の手でつくられたものですもんね。

Posted by: nami | December 23, 2004 at 01:09 AM

こんばんは~。エクスカーション気になったのですが、結局リゾートでゴロゴロして終わってしまったので写真が見られて嬉しいです。
それにしてもこの環境下で育った子供達が日本の海を見たらびっくりするでしょうね!

Posted by: まし | December 23, 2004 at 11:11 PM

>ましさん
少しでも雰囲気が伝えられたのなら嬉しいです♪
リゾートでのんびりゴロゴロもいいですよね~!
私は半分ゴロゴロ、半分エクスカーションで色んなところへ
行ったりしてました。欲張りなのかも(^^;
それにしても、ましさんの言うとおりモルディブの人に日本の、
特に湘南の海を見せてあげたいですね(笑)
びっくりしちゃうだろうなぁ・・

Posted by: nami | December 24, 2004 at 12:29 AM

ボクも滞在中のエクスカーションで漁民の島へ行きました。
確か『Hula 』という名前の島だったと思います。
よくモルディブのガイドブックに出ている写真そのまんま
だったので、アンサナ以外のリゾートの方も多く訪れてい
る島だと思いまする。到着するなりお土産屋さんの呼び込
みが結構しつこかったデス。モルディブは通常の観光の国
ではなくあくまでもリラックスしに行く国と認識していた
ので、少し面食らったデス・・・。結局、お土産は彼女が
ポストカードを買っただけでした。ただ、島には小さな子
供がたくさんいてとても可愛かった。このエクスカーショ
ンでは、島を歩いて1周します。途中、小学校や役所、墓
地を通りました。そして後半はヤシの実ジュースのおもて
なしがあり、現地の女性数人が真っ赤な民族衣装を身にま
とい踊りと歌を披露してくれました。

ただ気になったのが、モルディブ自体が環境破壊とか真剣
に提唱している国という印象があるのですが、島にはそこ
ら中にゴミ(おかしの袋、食べカス、ジュースのビン、たば
この吸殻等)が落ちていた事です。リゾートはこれでもか!
というくらい清掃が行き届いていたし、灰皿もいたる所に
設置されていたので、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

ケド、なかなか現地の方が暮らすある意味本当のモルディブ
を垣間見れることも無いかと思いますので、貴重な体験だっ
たことは間違いありません。モルディブに行かれた際は、
このエクスカーションも新たなモルディブ発見になるかも
しれませんので参加してみるのもイイと思います。

Posted by: code247 | December 24, 2004 at 04:20 PM

漁民の島のお土産やさん、たしかにしつこいですよね~私もそこは微妙だなーと思ってました(^^; code247さんの漁民の島エクスカーションは踊りまで披露してくれたんですか!それはいいですね~私はモルディブで民族系の踊りをまったく見なかったのでうらやましいです!

それにしても、ゴミは私のいったところではあまり気にならなかったのですが、code247さんの行かれた『Hula』という島ではそれほど多かったのですね。。モルディブってリゾートでは環境問題などすごく意識するけど、実際生活する人は実はそれどころじゃないのかもしれないなぁと思いました。漁民の島に行くと、モルディブの現地の人たちって必ずしも裕福とはいえないとすごく感じました。お土産さんであれだけ客引きがすごいのも、きっと生活がかかってるからなんだろうなぁと思います。やっぱりリゾートとはものすごい差を感じますよね(;_;)うーん。何度も行きたいとは正直思えないけど、やっぱり行ってその差を感じることができてよかったと思います。なんかやっぱり楽園だけの島じゃないんですよねぇ。モルディブも。

Posted by: nami | December 26, 2004 at 01:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11752/2299713

Listed below are links to weblogs that reference モルディブ現地人の島へ:

« 私の旅行変遷 | Main | 珊瑚と貝でできた家 »